2009年07月17日

子供のいびき

太っていて、大きないびきをかく人に、睡眠時無呼吸症候群などの睡眠呼吸障害

がありますが、子供にもあるようです。


いびきとは、何らかの理由で鼻呼吸ができずに口呼吸をするが、

のどの空気の通り道が狭いと呼吸のたびに出る音です。

子供のいびきの主な原因は扁桃腺の肥大です。

扁桃は体内への病原体侵入を防ぐ機能があり、1歳ごろから発達し、

4~6歳くらいで最大に、中学生くらいで再び小さくなります。

扁桃が大きくなりすぎるのが扁桃肥大で、鼻からの気道を狭めて鼻づまり状態になり、

のども狭くなり、いびきが出る。

鼻炎などで鼻づまりがひどいと、さほど扁桃肥大がなくてもいびきが出ることもある。

いずれの場合も、いびきをかく子供は、睡眠呼吸障害で健康に眠れていない可能性が高い。

 
扁桃肥大のまま無理な呼吸を続けると、胸郭変形が起きることがある。

また十分眠れないため、成長ホルモンの分泌リズムが悪くなり発育が遅れる。

毎日徹夜明けのような状態で集中力が低下し、怒りっぽく暴力的になる例もある。

学習意欲も落ち、長期的には脳の成長への影響も心配です。


治療は耳鼻科で鼻やのどの気道を診察してもらってください。

鼻炎などが原因の軽症例は投薬治療で済むこともあるが、

扁桃肥大が大きい場合は、扁桃の手術ということになるそうです。


歯科医の先生に聞くところによると、子供の歯ぎしりもあるようです。

"今日も新聞ネタです。"

「からだコンディショニング」
※地図はこちら
※メールお問い合わせ
ご予約は:073-494-4301
診療時間10:00~22:00
休み不定休
パソコンからホームページはコチラ
mobile site
Fc2 mobile site
ブログ肩の凝らない話はコチラ
1周年記念キャンペーン詳しくはコチラ    




同じカテゴリー(鼻、のど、気管)の記事
乾燥時季ののど荒れ
乾燥時季ののど荒れ(2009-12-05 19:33)

扁桃腺炎
扁桃腺炎(2009-04-26 18:04)

咳と痰
咳と痰(2009-04-03 15:25)

蓄膿症(副鼻腔炎)
蓄膿症(副鼻腔炎)(2009-02-07 18:57)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。