2009年10月31日

お知らせ

早いもので10月最終日です。

今日はまた夏日で暑かったので、明日から11月というのが信じられませんが、

今年もあと2ヶ月となりました。

インフルエンザはますます猛威をふるって11月はピークとなる予定だそうです。

くれぐれもお気をつけてください。

今日は夕方で終了させてもらいます。

11月3日も早く終了する予定ですが、その他は今のところ休む予定はなく、

年内無休で営業する覚悟でございます。

宜しくお願いします。

「からだコンディショニング」
※地図はこちら
※メールお問い合わせ
ご予約は:073-494-4301
診療時間10:00~22:00
休み不定休
パソコンからホームページはコチラ
mobile site
Fc2 mobile site
ブログ肩の凝らない話はコチラ

  


Posted by karada at 17:06Comments(0)お知らせ

2009年10月30日

白衣症候群



ここ数年着ていなかったのですが、仕事中はケーシーを着ることにします。

なぜ着なかったかというと、特に首が太いわけではないですが、

首が苦しいから。

それに暑いから。

自分でやっているから、服装が自由だから。

動きにくいからなど。

でも涼しくなったし、気分転換に着てみようと思っています。

なぜケーシーというのか?

アメリカのドラマ『ベン・ケーシー』に出演した医師ベン・ケーシーの名前に由来する。

とウィキには書いてありました。

知らなかった・・・

ケーシー高峰からきていると思ってた。(冗談です)

白衣症候群というのがあります。(白衣高血圧ともいう)

病院の診察室などで普段よりも高い血圧が計測される現象をいいます。

血圧は自律神経系の作用で変化し、自律神経系の作用は精神状態に左右されるので、
診察室に入り白衣を着ている人を目の前にすると緊張し、血圧が上昇することがある。

まあうちではケーシーを着ていても、あまり緊張しないでしょうし、血圧も計りませんから
安心してください。(笑)

「からだコンディショニング」
※地図はこちら
※メールお問い合わせ
ご予約は:073-494-4301
診療時間10:00~22:00
休み不定休
パソコンからホームページはコチラ
mobile site
Fc2 mobile site
ブログ肩の凝らない話はコチラ

  


Posted by karada at 15:37Comments(2)お知らせ

2009年10月29日

妊娠高血圧症症候群

妊娠高血圧症症候群

(以前の名称は妊娠中毒症)とは、妊娠8ヶ月以降に見られる
・尿蛋白
・高血圧・のうち、 1つ以上の症状が見られる症状のことです。
症状がひどくなると、妊娠中の痙攣を来たし、母子共に生命の危機的状況になります。

妊娠中(20週以降)に血圧が上昇し、分娩後(12週まで)に正常値に戻る場合には、
「妊娠高血圧」と呼びます。
収縮期血圧が140mmHg以上、拡張期血圧が90mmHg以上です。

血圧が高く、さらに尿に蛋白が認められる場合には、「妊娠高血圧腎症」と呼び、
厳重な管理が必要です。

約1割程度の妊婦さんに発症。

原因
子宮動脈が収縮し、それによる高圧物質が母体に分泌されるため生じると考えられています。
妊娠中に塩分を摂取しすぎたり、食事を食べ過ぎたりして体重が多くなりすぎると、
妊娠高血圧症候群が発生しやすくなります。

糖尿病、高血圧、太り過ぎ、激しい運動、睡眠不足・高年初産や若年初産、多胎妊娠の人なども
妊娠高血圧症症候群に なりやすい傾向にあるようです。

重度の場合、分娩時に母子ともに危険を伴う場合があり、 帝王切開になることがあります。
予防としては、安静にすることと、塩分や油分を控える食事が効果的です。

むくみは全妊婦さんの30~80%に認められるので、むくみがあるからといって特別な
意味はなく、むくみがあってもなくても赤ちゃんには影響しないとうです。

「からだコンディショニング」
※地図はこちら
※メールお問い合わせ
ご予約は:073-494-4301
診療時間10:00~22:00
休み不定休
パソコンからホームページはコチラ
mobile site
Fc2 mobile site
ブログ肩の凝らない話はコチラ


  


Posted by karada at 16:33Comments(0)妊娠・出産

2009年10月28日

たばこ税

愛煙家のみなさん、新政府は、たばこ税を上げようと検討していますよ。

藤井裕久財務相は27日、外国特派員協会で記者会見し、たばこ税について
「健康を考えると、ニコチンの含有量によって(税率を)重くしたり軽くしたりするような
改革はあり得る」と述べ、たばこに含まれるニコチンやタールの量に応じて課税する
方式に変更する可能性に言及した。

鳩山由紀夫首相は政府税制調査会への諮問の中で、同税について
「健康負荷を踏まえた課税」を検討するよう指示している。
この日の税調会合で検討がスタートしており、今後論議が本格化しそうだ。

峰崎直樹財務副大臣は税調後の会見で、「何らかの形で答申は出さないといけない」と述べ、
年末にまとめる2010年度税制改正 案にたばこ税改革も盛り込む方針を示した。

「健康負荷を踏まえた課税」というのはどうなんでしょうね。

これ以上たばこが値上がりしたら、自分の健康を考えてたばこ止めますか?

ちなみに日本のたばこの価格に占める税の割合は、消費税を含めて63.1%
先進諸国の中では、これでも安いのだそうです。

「からだコンディショニング」
※地図はこちら
※メールお問い合わせ
ご予約は:073-494-4301
診療時間10:00~22:00
休み不定休
パソコンからホームページはコチラ
mobile site
Fc2 mobile site
ブログ肩の凝らない話はコチラ


    


Posted by karada at 16:02Comments(0)お知らせ

2009年10月27日

予防食材

新型インフルエンザに対して食べて予防になる可能性のある食材があるようです。

どのウイルスにも予防効果が期待できそうだと言われる食材がマイタケだそうです。

キノコや生薬が、がん細胞の増殖を抑えたり免疫を強めたりする作用があることから、
インフルエンザウイルスの増殖にも抑制効果があるのではと着目しています。

白血球の一種であるマクロファージという免疫細胞は、
サイトカインといわれる生理活性物質を出し、病原微生物などを撃退する働きをする。

マクロファージを添加した培地にマイタケ抽出物(濃度1ミリリットルあたり300マイクログラム)
を加え、ウイルス増殖にどう影響するかの実験では、
マクロファージとマイタケ抽出物の接触時間が長いほどウイルスが減り、
12時間で3分の1~4分の1まで抑えることができた。

これはマイタケ抽出物自体がウイルスを直接攻撃するのではなく、
免疫細胞を活性化させることで間接的にウイルスを減らせた。

どんな物質がウイルスの増殖を抑えたのかというと、
マイタケ抽出物の刺激時間が長くなるとともに、TNF-αが増えていることが分かった。
TNF-αはマクロファージなどが分泌するもので、腫瘍細胞を壊死させる生理活性物質
として以前から知られるたんぱく質です。

ショウガ、漢方薬の麻黄や桂皮にも抗ウイルス作用があるという。

尚マイタケは現在まだ実験段階のようです。
今後ももっと研究が進んで、自然の食材で予防できればいいですね。

「からだコンディショニング」
※地図はこちら
※メールお問い合わせ
ご予約は:073-494-4301
診療時間10:00~22:00
休み不定休
パソコンからホームページはコチラ
mobile site
Fc2 mobile site
ブログ肩の凝らない話はコチラ


  
  


Posted by karada at 18:05Comments(0)食べ物