2015年01月08日

妊娠中ですが

FAQ 妊娠中ですが整体は出来ますか

当院妊娠中のお客様は今までにたくさん来られてます

安全で優しい施術しか行ないませんので安心して下さい

お腹が大きくなるに連れて足腰への負担も増してきますよね

それに伴う腰の痛みであったり、脚のむくみ、手のむくみ

肩こりは妊娠したから肩がこるというより、

元々肩こりがひどい人が多いですけど

出産直前1ヶ月前は骨盤まわりが

緩んできていますの矯正はできません

お腹が下がってきて子宮を圧迫してはいけませんので

優しくお腹を元に位置に戻してやると楽になります


IMG_0141

  


Posted by karada at 14:00妊娠・出産

2014年07月21日

臨月

この方は2年前に

臨月で来られまして

予定日になっても

出てこないのでと

自律神経の調整をしたと

記憶しています

施術後の明くる日

無事出産されたそうです

今回来院も

臨月

来月無事出産しますように



いい形のお腹ですね
  


Posted by karada at 18:00妊娠・出産

2010年02月01日

出産前後の腰痛

妊娠してお腹が大きくなってくると、必ずではないのですが、

腰に負担がかかり、腰痛になることがあります。

骨盤周辺の矯正は妊娠8ヶ月目ぐらいまでだと大丈夫なのですが、

それ以降、また産後2ヶ月ぐらいはしないほうが無難です。

というのも、骨盤周りの靭帯が緩んでいて、安定が悪いのです。

また腰ではなく、骨盤の前方下方の恥骨が少しずれて、痛む場合があります。

ここも出産直前は非常に緩んできていて、安定が悪いのです。

出産後は鼠径部(股の付根部分)が寝ていても痛みがでることもありますが、

放っておかないで調整しておいたほうがよいです。

そのままにしておくと、股関節に痛みがでてくることがあります。


妊娠中、出産後の腰回りのトラブルはご相談下さい。

blog 
肩の凝らない話

「からだコンディショニング」

※地図はこちら

※メールお問い合わせ

ご予約は:073-494-4301

診療時間10:00~22:00

休み不定休

和歌山県和歌山市のカイロプラクティック整体院|"からだコンディショニング"

和歌山カイロプラクティック整体院/ からだコンディショニング
    


Posted by karada at 19:08Comments(0)妊娠・出産

2009年12月06日

母乳

授乳をすると子宮が収縮し流産になるとして、明確な根拠がないまま国内の産科医療機関
で中止を指導されることの多い妊娠中の授乳について、浜松市の産科医が、授乳は流産と
無関係とする論文を日本産科婦人科学会の学会誌に発表した。

という記事が毎日新聞にありました。
産後のお母さんとお話をする機会が多いのですが、なにぶん男なもので、
今まで聞いたことがありませんでした。

調べたところ、病院によっては、妊娠がわかった時点で授乳を止めさせる指導をしたり、 
またそのまま授乳を続けてもよかったりとさまざまです。
正常な妊娠なら授乳したくらいでは、流産はしないようなことが書いてあります。


母乳は優れた免疫成分と個々の赤ちゃんに最適の栄養を含み、母子間の愛情をはぐくむうえでも
重要な役割を果たしているようです。

乳がん、子宮体がん、卵巣がんの罹患(りかん)率が低下するなど、母親にとっても多くのメリット
があり、授乳を急にやめると、母親の胸が張って乳腺炎につながることもあるそうです。

出ない人はしかたがないですが、母乳で育てられれば一番いいですね。

お母さんはえらい!と思います・・・・

年末年始のお知らせ

12月は31日まで休みません・年始は4日より

「からだコンディショニング」

※地図はこちら

※メールお問い合わせ

ご予約は:073-494-4301

診療時間10:00~22:00

休み不定休

和歌山県和歌山市のカイロプラクティック整体院|"からだコンディショニング"

和歌山カイロプラクティック整体院/ からだコンディショニング

和歌山市のカイロ・整体院/からだコンディショニング

肩の凝らない話
  
タグ :授乳母乳


Posted by karada at 17:35Comments(0)妊娠・出産

2009年10月29日

妊娠高血圧症症候群

妊娠高血圧症症候群

(以前の名称は妊娠中毒症)とは、妊娠8ヶ月以降に見られる
・尿蛋白
・高血圧・のうち、 1つ以上の症状が見られる症状のことです。
症状がひどくなると、妊娠中の痙攣を来たし、母子共に生命の危機的状況になります。

妊娠中(20週以降)に血圧が上昇し、分娩後(12週まで)に正常値に戻る場合には、
「妊娠高血圧」と呼びます。
収縮期血圧が140mmHg以上、拡張期血圧が90mmHg以上です。

血圧が高く、さらに尿に蛋白が認められる場合には、「妊娠高血圧腎症」と呼び、
厳重な管理が必要です。

約1割程度の妊婦さんに発症。

原因
子宮動脈が収縮し、それによる高圧物質が母体に分泌されるため生じると考えられています。
妊娠中に塩分を摂取しすぎたり、食事を食べ過ぎたりして体重が多くなりすぎると、
妊娠高血圧症候群が発生しやすくなります。

糖尿病、高血圧、太り過ぎ、激しい運動、睡眠不足・高年初産や若年初産、多胎妊娠の人なども
妊娠高血圧症症候群に なりやすい傾向にあるようです。

重度の場合、分娩時に母子ともに危険を伴う場合があり、 帝王切開になることがあります。
予防としては、安静にすることと、塩分や油分を控える食事が効果的です。

むくみは全妊婦さんの30~80%に認められるので、むくみがあるからといって特別な
意味はなく、むくみがあってもなくても赤ちゃんには影響しないとうです。

「からだコンディショニング」
※地図はこちら
※メールお問い合わせ
ご予約は:073-494-4301
診療時間10:00~22:00
休み不定休
パソコンからホームページはコチラ
mobile site
Fc2 mobile site
ブログ肩の凝らない話はコチラ


  


Posted by karada at 16:33Comments(0)妊娠・出産